会社沿革

昭和21年8月 東京都大田区山王にて、個人営業による「電芸ネオン」を創立
昭和28年5月 一般電灯電力設備工事の受注増加に伴い、電気工事部門を新たに設け、「有限会社中央電芸」を設立
昭和34年7月 その後、営業成績も順調に伸び、設備拡張の必要に迫られ、「有限会社中央電芸」を発展的に解消し、
営業種目を新たに設け「中央電芸株式会社」を設立する
昭和40年4月 さらに電気設備工事の受注増加に伴い、「中央電気株式会社」と改称する。資本金は100万円
昭和42年2月 資本金を200万円に増資
昭和43年7月 資本金を400万円に増資すると同時に、東京営業所を開設
昭和44年9月 得意先の増大に伴い、資本金を600万円に増資
昭和45年3月 地方進出のため、沼津営業所を開設
昭和46年8月 事業の発展に伴い、資本金を1,200万円に増資
昭和51年5月 代表取締役病没に伴い、専務取締役の杉山武を代表取締役に任命
平成3年6月 資本金を2,400万円に増資
平成6年3月 資本金を4,800万円に増資
平成14年4月 太陽光発電事業を開始
平成16年12月 米国Blue Sky Energy Inc.社 日本総代理店となる
平成20年1月 代表取締役社長杉山武の会長就任に伴い、取締役会決定により杉山勝美を代表取締役社長、
角田賢司を専務取締役に任命
平成25年6月 代表取締役杉山勝美の相談役就任に伴い、取締役会決定により杉山英祐を代表取締役社長、
光月則正を専務取締役、辻和宏を常務取締役に任命

↑上へ戻る